プラセンタはガンの治療にも役立つ

プラセンタはガンの治療にも役立つ

現在、日本人のガンの死亡率は高くなっています。もしガンになってしまった場合、抗がん剤を使用すると、副作用でかなりつらい思いをしなければなりません。
定期的なガン検診も大切ですが、その前にがんを防ぐことのほうが重要です。

 

●プラセンタはガンの予防・治療に効果がある

 

プラセンタは、ガンの予防にも有効であると言われています。
また、ガンの治療に用いられることもあるため、美容ばかりでなく、ガン予防にもお勧めです。

 

・なぜガン予防に有効なのか
ガン発生の原因は、活性酸素であると言われており、活性酸素が細胞を破壊し、DNAを変形させます。そのため、遺伝子情報が書き換えられてしまって、ガンが発生するのです。
タバコを吸う人が、ガンになりやすいというのは、煙草を吸うことが原因で活性酸素がたくさん発生するからです。
プラセンタには、活性酸素を除去する作用があるため、ガンを予防することも可能です。

 

また、ホルモンバランスが崩れると、乳癌や子宮がんになりやすくなります。
プラセンタはホルモンバランスを整えることができるので、乳がん、子宮がんなどの予防にも貢献します。

 

プラセンタは、一般の薬と異なり、副作用の心配がないので、安心して飲めます。
この場合、サプリメントや注射が用いられます。
プラセンタ注射は非常に高い効果を発揮しますが、費用が高くつきますので、最初はサプリメントを試してみるとよいでしょう。

更新履歴